レンブラントグループの教育制度について

◆働く環境

企業が業績をアップして、それを保ち、さらに発展していくためには、スタッフひとりひとりの成長が欠かせないですよね。レンブラントグループでは、社員教育を重要な経営課題であると考え、スタッフの成長をサポートする制度を整備しているそうです。

まず、グループでは新卒1年目を育成期間と捉えているそうで、社会や会社、仕事に慣れることを中心に教育していくといいます。社員が毎日自身の成長を感じられるよう、1年間のスケジュールを設定しているとのこと。ここで、スケジュールの内容を簡単に紹介していこうと思います。

入社後は、集合研修・体験研修でビジネスマナー学習やグループワークを行うそうです。すべての新入社員は、2週間ほど合同で集合研修に参加するといいます。そのなかで社会人としての基礎力や行動力を身に付けていくとのことです。また、体験研修は配属される前に様々な部署で行われるもので、2週間かけて各所で業務を体験するそうです。
この期間が終了すると、次に、社員が仕事に慣れるため、また、会社が社員の適正を判断するための仮配属期間に入るといいます。新入社員にはそれぞれトレーナーの先輩が付き、育成計画に沿って丁寧に指導するそうなので、集中して業務取得に取り組めそうですね。
そして、この後社員の希望と適正に応じて本配属先が決められるそう。本配属先が決定したあとも、トレーナーが引き続きフォローしてくれるそうですが、社員はなるべく率先して仕事に取り組むことを求められるといいます。
1年目が終わる頃には、翌年の新入社員を指導するトレーナーとして、後輩を育成できるレベルを目指していくそうです。

◆研修制度

レンブラントグループでは、“会社は心を磨く場である”という企業理念に基づき、社員育成に尽力しているといいます。そのなかでも、社員が育つための様々な研修を用意しているそうです。それぞれの研修を見ていきましょう。

〇コンプライアンス研修
現在、「法令遵守」にとどまらず、「世間一般の意識・感覚」を意識した行動などのコンプライアンスが組織・個々の社員に求められています。グループでは、小さなミスをはじめ組織全体に関わるミスの防止策や具体的なケースを紐解くなどの、予防のための仕組みづくりに関する内容を学ぶそうです。

〇英会話研修
国際社会に対応できるよう、社員の英会話スキルをアップさせるための研修だそうです。仕事以外の時間を使って行えるほか、オンラインでの受講もできるとのこと。また、レベルに合わせたカリキュラムが用意されているため、英語が初めてでも安心して参加できるそうです。

〇サービススキルアップ研修
“サービススキル”の向上を目指す希望者は自由に受けられるといいます。スキルレベル別の内容を受講できるそうです。

このような充実した研修制度や職場環境によって、社員の成長をサポートしているのですね。人材育成に注力することを惜しまないレンブラントグループの教育方針は、企業としての発展につながり、さらに社会への貢献にもつながっていくのではないでしょうか。