レンブラントホールディングスが行う事業とは?

◆レンブラントグループについて

レンブラントグループは、ホテル・レジャーをはじめ、不動産、事業再生・承継を主軸として事業を行っている会社です。2011年、現社長の小巻公平氏により創業され、現在は神奈川県の厚木市に本社を置いています。
グループを牽引するそれぞれの事業とはどのようなものなのでしょうか?

〈ホテル・レジャー事業〉
事業として、フルサービス・リゾート・ビジネスのさまざまな用途で利用できるホテルを展開。国内では9施設、海外では1施設のホテルを運営しているそうです。
現在、インバウンド需要は広まっているようですが、国内の人口は減りつつあるといいます。グループはそのような消費構造の変化のなかでも、マーケットの需要に依存されずに、性格なターゲット層と企業としてのポジションに基づく戦略を実践していくとのこと。
同時に、ブランドの長所や特徴を引き出し、差別化要素を取り入れた政策を展開していくそうです。

〈不動産事業〉
いま、不動産業界では、最先端の設備を持つ物件が人気となる一方、競争力のない古い物件の空室問題が発生するなどの二極化が見られています。そのような現象を受け、レンブラントグループの不動産事業では、事業や市場環境の変化を正確に理解し、需要と供給のバランスを見極めているそう。また、一般消費者・企業からの需要の変化、複雑化に対応できる商品づくりに取り組み、ハイクオリティな商業施設・テナント・ビルの供給を主に、人が集まる場所へ充実を届けるべく努めているといいます。
地域経済の発展に貢献する役割も期待されており、このようなミッションを踏まえ、新しい価値を創り出すことで社会に寄与していくとのことです。

〈事業再生・承継事業事業〉
事業再生・承継事業事業では、日本の中小・中堅企業をサポートしています。現状、代表者が60歳以上の国内の企業は半数ほどあるといわれており、そこに相続税の課税強化の流れも加わるため、企業を継続するにはスムーズな事業承継の実施が必要だそうです。また、それは日本経済が活発になることにもつながるといいます。
また、日本の中小・中堅企業はそれぞれの競合会社にくらべ良いサービスを持っていたり、規模は小さくても中心となる技術がありながら、人材・資金といった理由により行き詰っている場合があります
レンブラントグループは、このような環境下で企業を支え、持続できる活発な社会を目指すため、この事業に取り組んでいるそうです。